セクキャバ求人の種類は多種多様

セクキャバ求人で求めている女の子も様々!

セクキャバ求人の種類はいっぱいあるども!おつかれっ!セリザワです!女の子が誰もが憧れるセクキャバ求人のスカウトをやっていると、たくさんのセクキャバ志望の女の子と知り合うだけでなく、様々なセクキャバ店とのおつきあいも増えてきます。というわけで、色々なセクキャバ店を見てきた立場から、今回は求人応募する際に気をつけたことがいいことなどを書いていきたいと思います。

男性視点から言うと、キャバクラは、普通の女の子とお酒を飲んでお話するところで、セクキャバは、もっと過激なサービスを受けられるお店というのは、セクキャバ求人を探している女の子なら大前提として知っていると思います。でも、セクキャバと一言で言っても、そのお店の運営の仕方は様々なんだ。例えば、爆乳の女の子ばかりを揃えているお店もある。こういうお店は、爆乳の子だけを求人募集している。だから、貧乳の子が応募しても、求人面接では落とされるってワケ。でも、非常に露出の高い制服を着用させているお店もあるんです。ミニスカのスリットから見える脚はノーガード……つまり、なんとノーパンの女の子がでて来るお店もあります。こういうお店だと、美脚だったり全身のプロポーションがバランス良く整っている女性を求人したくなるというもの。だから、わりと、おっぱいが小さくても求人面接に合格しやすいという傾向になります。逆に、学園系の制服のお店だと、ロリっぽい女の子を求人募集しています。女の子の着る服によっても、お店の雰囲気が大きく異なってきます。

最近のセクキャバの繁盛店は、少し提供するサービスが過激で、可愛い女の子が揃っているという傾向があります。まあ、当たり前っちゃ、当たり前ですね。可愛くて過激なことをしてくれたら、通う男性が増えて当然です。しかし、これまでの経緯からすると、そうでもないのです。現在、個室のセクキャバは禁止されています。もちろん、風俗の手コキのサービスは全面禁止となっています。しかし、昔はセクキャバなのに、手コキまでやってくれるお店はたくさんあったんです。当時は、下へのお障りがOKのセクキャバもあり、風俗業種のピンサロとの違いが難しいようなお店もありました。なので、最近の「過激」は、かなり工夫した「過激」で、摘発されない範囲のプレイになっています。今、多い過激系セクキャバは、女の子たちが何のためらいもなく、客とディープキスをしながら、ズボンに手を伸ばそうと焦らしたりするお店ですね。男性は胸を揉みながら、こうやってエッチに翻弄されるのですからたまりませんね。当然、頭の中ではセックスの行為を妄想してしまいます。ズボンの上から焦らすだけなら、摘発される心配はありません。なので、安心して求人に応募してくださいね。

求人サイトをみるポイントは、応募したいセクキャバ店のキャストプロフィールをチェックして見ましょう。それで、流行っている求人の傾向も分かります。更にもう一つポイントがあります。お店に出勤してくる子の大体が、それなりにかわいい20代くらいの女の子で、しかも結構胸が大きい子ばかり。すると、男性客は興奮してしまうわけです。お酒も一緒に飲めるとなれば、感覚が麻痺してきて、何度もそのお店に通いたくなる。多少会計が高くても、一度お金を払ってしまえば、男性って「まあいいか」となってしまうんですよね。繁盛店の特徴はサービスと女の子にあります。なので、求人広告ではなく、男性が見るサイトやお店のホームページをチェックして、どのお店が流行っているかどうかを探ると良いです。お店は、求人面接で、よりかわいい子を厳選しています。普通の女の子とは差別化をはかり、かわいくて若くてスタイルのいい女の子には、とても高い給料を払って他店と競争しているお店も少なくありません。