採用面接に受かるコツ

求人面接を受ける練習をしておこう

セクキャバの求人面接だからといってナメてはいけませんどもどもども!おつかれちゃん!セリザワです!若い女性を採用するセクキャバ店。春になったり、環境が変わったりすると、セクキャバで働こうと思う女の子が増えたりします。大学に上がった、一人暮らしを始めた、就職したけど給料が安いから副業したい……いろんな理由で、求人に応募してみようと思うみたいですね。セクキャバというと水商売。そのためでしょうか。なんとなく、セクキャバで働くことを軽く考えている女の子が少なからずいるんですよね。

例えば、求人面接の時に、ノープランで来る女の子もいます。いつから働けるのか、週どれくらい働けるか、月にどれくらい稼ぎたいのか、なぜセクキャバを選んだのか……。こういった基本的なことだけでも構いませんので、ある程度は、求人面接時の答えを用意しておきましょう。普通のアルバイトや就職の面接のときには、シミュレーションをしたり、練習をしたりしますよね。あれと同じです。気軽な感じで求人に応募する女の子に限って、面接途中で「やっぱいいです」などと言って帰ってしまったり、そもそも突然無断で面接にこなかったり、せっかく求人面接に合格しても初日から出勤してこなかったり……なんてことが起こりがちです。まあ、仕事しなくて、大丈夫なら構わないんですけどね。

今の時代、勤労学生や低収入OLのセクキャバ嬢が増えてますヨ。案外、求人に応募してくるのは覚悟が座った子が多いかもです。ですが、セクキャバで働こうと思っている時点で、「高収入を得なくては!」という女の子ばかりです。理由は様々。「進学や資格取得の資金が欲しい」「シングルマザーなので家族を養わなきゃいけない」「借金を返したい」「今より贅沢したい」など何でも構いません。目標で不採用にすることはありませんから。とにかく「稼ぎたいんだ」という目的意識をハッキリしている女の子に、お店も働いて欲しいと願っています。なので、「稼ぎたい!」という気持ちを強く持つことは、セクキャバのお店に良い印象を与えると思って良いでしょう。なぜ、稼ぎたいのか、どれくらい稼ぎたいのか。この2つは明確にして求人面接に挑むといいと思います。

出来たら、稼ぎたい金額の目標を決めてみよう!月に60万稼ぎたい」でもいいですし、「1年で300万貯めたい」でも良いです。いくら欲しいという明確な目標があると、「週◯日で何時間勤務すれば、これだけ稼げるよ」というアドバイスも、お店の方ではしやすくなります。とはいえ、お店のほうがせっかく色々考えてアドバイスしても、「あ、この日はダメです」「週4日は厳しいですね。2日がいいです」など、彼氏とのデートや、友達との遊びなどのスケジュールを優先してしまうと、「ヤル気がないんだな」と思われてしまいます。事前にどのくらい出勤できるか、自分のスケジュールを一度しっかり見直してから、働く決意をするといいですよ。

後は、セクキャバ経験者の場合は前のお店の条件なども聞かれる場合があります。経験者の場合、求人面接では、前のお店の条件や勤務状態なども聞かれます。「前のお店ではどのくらいのお給料をもらっていたのか」「在籍期間はどのくらいだったのか」「繋がりのある(新しいお店にも呼べる)お客様は何人いるか」などを聞かれます。また、「辞めた理由」を聞いて、同じ理由で自分のお店を辞めないのかを見極めようとする面接担当者もいるので、動揺しないで答えるようにしましょう。大切なことは、それらの質問に嘘で答えないことです。大勢の女の子を見てきた面接担当者は、嘘を簡単に見抜きます。たとえ、その場では見抜かれなかったとしても、採用後に苦しむことになるのは、ほかでもない自分です。都合の悪いことでも、嘘はつかず、できるだけきちんと誠実に答えましょう。

求人面接で大切なのは「正直さ」と「謙虚さ」です。お店のカラーや採用担当者のポリシーによって、質問内容も変わってきます。質問しながら、女の子のやる気やコミュニケーション力、立ち振る舞いを見て、面接担当者は一緒に働く仲間として向かえるか判断します。大切なことは、どんな業界でも嘘をつかないことです。そして、面接を受けているセクキャバでは新人となるわけですから、素直で謙虚な気持ちを持って、コミュニケーションをとりましょう。とはいえ、セクキャバは高収入を得られる魅力的な仕事。できるだけたくさん稼ぐためにも、まずは、自分の気持ちや環境を確かめ、そして今後の目標、お仕事をする動機を固めてから面接に行くことが大事です。